先日、某所のコメントにちらりと書いたのだけれど、
ここ最近我が家のミシンがちょいと不調。
メンテに出せばいいのだろうけど、
不調箇所がなんとなく特定できていたので、
暇にあかせてセルフメンテ決行。

以下、よい子にはお勧めできないメンテの内容。
長文覚悟の上で続きをどうぞ。
えー、ちなみに我が家のミシンは brother BC-6000
2006年5月に購入したので、3年使用、過去に二度ほどメンテ。
(そういう意味ではそろそろ本格的メンテが必要かも・・・)



で、今回調子が悪かったのは下糸。
症状としては↓の二点。

 ・ 縫い始めの糸がひどく絡まる
 ・ 自動糸切りの下糸だけがなぜか切れない

これに対しての原因と対策(予想)は、

 ・ カッターの劣化 → 刃の交換
 ・ 下糸の糸調子 → 下糸の糸調子調整

そんなもんどーやって?とお思いでしょうが・・・

さて、ここからはキョーフのシロートメンテのお時間。
よい子は真似しないように。

<刃の交換>

 カッターの刃は、フツーのカッターの刃の折ったものを
 入れるとぴったりだと以前どこかで読み、
 (今ググってみたけどソースが見つからずorz)
 糸切り装置のバーをグイッと持ち上げて刃を外してみた。
 なんかもっとがっちり取り付けられてるのかと思ったら、
 プラスチック板の溝に差し込んであるだけだった・・・
 ピンセットで持ち上げたら簡単に外れた。おぉっ。
 
 で、ちょっと比較。

 090922_01.jpg

 画像が悪くて同じものに見えないorz

 実際は大きさもぴったし同じ。
 ということで、先程の溝に新しいカッターの刃を差して終了。

 あっけないなぁ。

<下糸の糸調子調整>

 ミシンの釜部分のカバーと金属板を外したついでに
 自動糸切りの様子を見ていたら、
 どうやら下糸がやけに緩いような気が・・・
 ということで、内釜のねじをほんの少し締めてみた。

 それだけ。

結果。

糸はきちんと切れるようになった。
縫い始めの糸絡みもだいぶ改善された(気がする)。
糸調子はちょっと下糸が強い・・・かな?という気がするので、
試し縫いして様子を見る必要がありそうだけど、
今のところは目立った問題はナシ。

さて、これでもうしばらく持ちこたえてくれるかな。
これからも仲良くやろうなぁ、相棒よ!

FC2 Blog Ranking

あまり参考にしていただきたくはないけど(笑)、
へぇぇ・・・と思われたらクリックお願いします^^;
  

よかったらポチっとお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
テーマ:ソーイング
ジャンル:趣味・実用
コメント
へー。
同じBC6000ユーザーとして
とっても興味深く読ませていただきました。

同じく糸調子がいまいち、下糸の切れ悪し、となってたんで
自己メンテで刃の交換まで出来るなんて~と感動。
でもメカ類、大の苦手で、しかも過去に自己メンテで
取り返しの付かない事態に追い込んだ前科があるんで
夫にやってもらおうかな…( ==)トオイメ

やっぱお手入れは必要ですね。
見習います(^^ゞ
2009/09/22(Tue) 06:16 | URL | ひな | 【編集
私もよくやります~自己メンテ。
分解しちゃうけど(*-艸-)-3

下糸のねじ締めはよくやりますが、
これは微妙な加減が難しいですよね。
実際よく分かりません。

で、糸きり、
へぇ~と思って読みました。
我が家のミシンには自動糸きりなんて立派な(?)もんはついてないですが。

このまま調子よくいってくれるといいですね~((´∀`*))
2009/09/22(Tue) 13:31 | URL | コタコ | 【編集
同じくフムフムと読ませて頂きました。。

って、最近我が家のBCちゃんはあまり日の目を見ないのですがねf(^^;) 自動糸切りはどちらもないし・・・。

私も本格メンテ出さないとなぁ。。と思いつつ・・・・。
せめて、油さし位ちゃんとしなくちゃだわっ!



2009/09/23(Wed) 00:01 | URL | dunjum | 【編集
ひなさんへ

「へー」、ありがとうございます(笑)
こちらの持ち主は勝手なことばっかりやるので、
いつか壊すんじゃないかと心配だったりします。
だったらやるなって。

下糸の糸切れが悪かったので、
縫い終わりに糸を無理に引き出してばかりいたため、
結果として下糸の緩みにつながったんじゃないかと
勝手な推測をしています。

刃の交換は販売店に頼もうにも往復の送料で3英世。
カッターの刃で済むならラッキー♪と思いまして・・・
無理をしなければ割と簡単に替えられました。
ご主人にいっちょ頑張ってもらってください^^

私の場合は手入れといっても釜の掃除と、
ダスターで糸の通り道のホコリを飛ばすくらい。
ロックもたまにカバーを外してホコリを取る程度。
それで長持ちするならお安いご用です。
お互いマメに手入れして長く付き合っていきましょう♪
2009/09/23(Wed) 01:58 | URL | toga | 【編集
コタコさんへ

そんなとこまで似てるなんて(笑)<自己メンテ
分解は怖くてできないけど、
結構ねじとかくらいならガンガン外しますね。
中の構造見るのとか結構楽しかったり。

下糸のねじ締めは、ホントにちょっと動かすだけでいいと
ミシンの販売店の方に言われました。
やっぱり使ってるうちに緩むことは多々あるそうなので、
様子を見てたまーに動かします。
そのあとの調整が大変ですけどね。

包丁もたまに研がないと切れなくなるように、
糸切りカッターもやはり消耗品で摩耗するんですよね。
あまり考えたことなかったんですが、
そういう意味では厄介な代物かもしれません。<カッター
なきゃないでどーにかなるもんです。
2009/09/23(Wed) 02:03 | URL | toga | 【編集
dunjumさんへ

そっか、dunjumさんとこのは4000でしたっけ。<BC
でもdunjumさんちには職業用ミシンがいますからねぇ。
ウチはB-6000に頑張ってもらうしかないわけで^^;

糸切りはなきゃないで別に困りませんよね。
前のミシンには付いてなかった機能だし、
結局は糸を短く切りなおさないといけないので、
まぁあったら便利かなぁくらいのものだと思います。

注油はロックと職業用はしたほうがいいんでしょうね。
そういや私もロックに油差したことないな。
BCはミシン屋さんから油を差さないほうがいいと言われたので、
(グリスのようなものが塗ってあって注油は必要ないそう)
それに従って一度もやってませんが・・・
でもきっとそれって定期的メンテ前提なんでしょうねぇ(汗)
ミシンって精密機器なんだなぁと、こんな時しみじみ思います・・・
2009/09/23(Wed) 02:07 | URL | toga | 【編集
へぇ~、普通のカッターと同じだなんて・・・なんか便利なようなそれで良いのか?的な不安は残るような微妙な感じですが、糸が切れるようになったのは万々歳ですね。
メンテに出すと結構お金かかりますからね。

うちのミシンは購入から既に8年~9年ぐらい経っていそう・・・定かではないですが。
そしてまだ1回もプロのメンテをしてもらったことが無いです。
というかね、調子が悪くならないのできっかけがないんですよね。
でもやった方が良いのでしょうか・・・・不安になってきました。

うちも油を差さないように言われたので1回もやってません。
定期的に掃除機でぼこっと埃を吸い込んでいますが・・・(水平釜の所を)。
ロックのメンテはもう何をやっていいのやら・・・・
こういうの自分でやっちゃう人ってすごいと思ってしまいます。

今度説明書もう一回じっくり読んでみよっと。

2009/09/23(Wed) 05:27 | URL | Ayako | 【編集
Ayakoさんへ

刃の交換は前からやってみようと思っていたのですが、
あまりに切れなくなったのでとうとう決行しました。
我ながら無茶するよなーと思います(笑)
メンテはお金もかかりますが、時間もかかるんですよね。
家でできれば万々歳です。

そういえば以前使っていた電子ミシンは、
一度もメンテに出したことがありませんでした。
でも特に困ったこともなかったような気がします。
電子ミシンは作りが単純なので故障しにくいけど、
コンピュータ制御のほうが些細なことで故障しやすいと聞きました。
確かにそのとおりかもと思う昨今です。

やっぱそうですか。<油を差さない
確か、ロックはたまに注油したほうがいいって
某新○ミシンの方に言われた気がするんですよ。←購入店
・・・と思って検索してみたら、やっぱ注油は必要みたいです。
http://www.mishin-pro.com/mainte_tec/mainte_MO344D.htm
今度注油してみよう。

私も決してメカに詳しいわけではありませんが、
分解修理とか実は結構好きなんです。
壊さない程度にセルフメンテして行こうと思います(笑)
2009/09/23(Wed) 17:50 | URL | toga | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック