先日どかっと届いたWildberryのカットクロスセット
まずは地味に消費すべく、
全く同じものが2枚あった紺の天竺を使って大人服を。

090920_01.jpg

天竺祭りのインナーワンピースと、

090920_03.jpg

ニットソーイングのワードローブ」から、
ねじり衿Tシャツを。

・・・つか、これ今月一件目の縫いネタだorz
インナーワンピはそろそろ時期外れかなとも思ったけど、
結構大きいらしいという評判を聞いたので、
それなら重ね着用にしてもいいか、とまずは試作。

この天竺はどうやらポリが入っているようで、
微妙にテカった感じの生地。
本当はもっとエレガント系のトップスに仕立てたら
カッコいいんだろうなぁ・・・と気付いたのは裁断した後orz
次はそういうのにしようっと・・・(汗)

090920_02.jpg

あ、ちなみに襟ぐりが大きいとも聞いたので、
前中心のみ2cmほど上に修正。
1枚で着るかどうかわからないけど、一応^^;

サイズに関しては、トルソー(一応11号、私とほぼ同サイズ)に
着せてみても思ったほど大きい感じはない。
肩幅もジャストだし、バスト回りも余裕はそれほど多くない。
重ね着するならかなり細身のタートルじゃないとモタつくかも・・・

ハイ次、ねじり衿Tシャツ。
パターンは↑にも書いたようにこの本↓から。



使えそうだし買っちゃおうかなーとも思ったけど、
とりあえず一枚作ってみて様子を見ようということで・・・
表紙のTシャツは襟がバインダーなので、
ほぼ同寸だったねじり衿Tシャツを選択。

この本のパターンはミセスサイズの設定のせいか、
全体に大きいサイズ設定になっている様子。
だってSサイズの胸囲(仕上がり)が90cmって・・・
ということで、今回はSサイズを選択。

残った生地の都合でどーしても着丈が微妙に足りず、
短くしてしまうと着丈がハンパになりそうだったので、
裾を仕上がりから1cmほどカット&5cm幅の切り替えに。
トップスは長めのほうが安心できるし。

090920_04.jpg

久々に、小さく着画なんかも。
インナーワンピはこんな感じで、

090920_05.jpg

ねじり衿Tシャツはこんな感じ。

090920_06.jpg

最近とみに肥えてきたので、
着画はやめようかと思ったんだけどね・・・
こんな恥さらし画像でも、どなたかの参考になれば(祈)

着てみるとインナーワンピの前裾線がちょっと気になるなぁ・・・
どうもチュニックやワンピ系は前裾が上がってしまう気がする。
体型の問題なんだろうけど。
前裾を伸ばす補正をしないとダメなのかも?

ねじり衿Tシャツは、いたってフツー。
ほどよくゆとりもあって、シルエットも悪くない。
やっぱ買おうかな、この本。

そして、残った生地は長袖の袖リブくらいにはなるかな?
という程度の大きさのハギレ。
残り1.5mと合わせて、何を作ろうかなーっと。

<布>
 Wildberry(カットクロスセットより) 1.5m
<パターン>
 Wildberry(インナーワンピース・M~L)
 「ニットソーイングのワードローブ」(ねじり衿Tシャツ・Sサイズ)

※ 文中に「襟」と「衿」が混在していますが、
  書籍内でのパターン名表記に合わせているためで、
  誤記ではありません。あしからず。

 9月生地消費量  :  1.5m
 2009年消費量  : 66.3m 
(参考・・・2009年購入量 : 119.1m)

FC2 Blog Ranking

もうとりあえず縫っとけ!
尻叩きクリック、ポチっとお願いします<(_ _)>

line_11_7.gif


おまけ。
ねじり衿Tシャツ製作の感想。

先日、この本のレビューを書いたときに、
あまり細かく書かなかった部分のお話を。

この本に載っているTシャツパターンは、
型紙の使い方と裁断の仕方がちょっと独特。

実物大型紙には、前襟ぐりのついた前後身頃パターンと、
貼り合わせ用の後ろ襟ぐりのみのパターンが載っている。
そして両方をトレースしたら、後ろ襟ぐりのパターンを
身頃パターンに重ね貼りして使うようになっている。

身頃部分の裁断はどうするかというと、
中心を輪にした生地を二枚重ねて置き、
そこに身頃パターンを載せ後ろ襟ぐりに合わせて裁断。
その後、襟ぐり部分の待針を外して重ねた生地を一枚はね、
後ろ襟ぐりのパターンをめくって前襟ぐりを裁断。
一度で前後身頃が裁断できる作りになっている。

たしかLaLaLa2(ロックミシンの基礎)も前後同型だったはずなので、
同じやり方でパターン作ったら面白いかも。
ちなみに袖は前後同型だけどちゃんと全形?で記載。
(その辺はLaLaLa4(ロックミシン・メンズ)より親切だ^^;)

今までニットソーイングといえばムキ本ばかりだったので、
この本は結構新鮮だったし面白かった。
「簡単・手早く」が大前提、基本的に効率重視という感じ。
ニットだからできることでもあるんだろうけど、
いろいろ考え方があっておもしろいなーとしみじみ。
気になった方はぜひ店頭で手に取ってみてください。
あ、回しものじゃないので念のため(笑)
  

よかったらポチっとお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
コメント
そういえば私もニットソーイングの本はムキ本だけだわ・・・
もちろん修正はするものの前後で一度に裁断できるのはありがたいですね。
ただ重ねて切るのってズレとかが心配になってきてしまいます。
あ、でもロータリーカッターならその辺はやりやすいかしら。

着画素敵です♪
やっぱりトルソーは素敵だけど一番雰囲気が伝わるのは生身の方(言い方が気持ち悪いですが)ですよね?
2009/09/20(Sun) 08:01 | URL | Ayako | 【編集
Ayakoさんへ

これまで貴美枝本(?)はもっとハイミセス向けっぽいのしか
出てなかったんですよね。
デザインもボトルネックとかで、
イマイチ欲しいと思えなかったんですが、これはよかったです。
もっとも、本の中では結構地味な生地を使った作品もあるので、
ちょっと想像力が必要ではありますけど(笑)

重ねて切るのはロータリーカッターが間違いないでしょうね。
本の中ではどうだったかなぁ・・・
ボーダーとかは別々に切ったほうが安心でしょうけど、
今回無地だったのでホントに楽でした。

着画・・・お肉増量中なので微妙ですが^^;
でもやっぱり他のブログを拝見してても、
参考になるのは確かにブロガーさん本人の着画だし、
パターンショップでもモデルさんの着画が一番なんですよね。
私もできる限り撮るようにします・・・どなたかのために(笑)
2009/09/20(Sun) 23:35 | URL | toga | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック