怒涛の大人服シリーズ(?)第三弾、
秋物?のドルマンスリーブTシャツを二連発。

まずは一枚目。

090828_01.jpg

私には珍しく花柄だったりする。
実はこれ、実家の母用。
春に購入したものの私にも娘達にもどうも似合わず、
どうしようかと死蔵していた生地。
母になら似合うかも、と緊急登板。

090828_02.jpg

以前にMサイズ(Lサイズの縫い代を裁ち落とし)は作ったけれど、
今回は母用なのでデフォのLサイズ。
ただ、前回は襟ぐりがやたらと大きかったので、
(襟ぐりの縫い代は裁ち落とさず&襟ぐりを1cm上げて製作)
今回は襟ぐりを2cm上げてみた。
これくらいの開き具合なら許容範囲かな?

スパンフライスは合う色が濃いめの生成とオフ白しかなく、
より地色に近いオフ白を選んだのだけれど、
なんかちーと浮いてるような気がしないでもなく・・・
まぁ、自宅や近所くらいなら許されるかと。

続いて同じパターンでもう一枚、今度は無地。

090828_03.jpg

生地はスカイブルー?の接結。
柔らかくて透け感もないので、1枚でも着られそう。

090828_04.jpg

こちらも襟ぐりは↑同様に2cmUP。
襟ぐりの生地は↑のスパンフライスより薄手で柔らかめのポンチなので、
心なしか↑より襟ぐりが大きめに見えなくもない・・・
けど、これくらいなら大丈夫でしょう多分。
微妙に色が合ってないのはご愛嬌。

しかしホントこのパターンは縫うのが楽!
裁断から仕上がりまで、1着1時間かからない。
私は途中手を休めながらモタモタやっていたけれど、
手の早い人なら30分あれば仕上がるんじゃないかなぁ。

しかし、これを作った後で必ず悩むのが、
裁断して残った生地の使途。
前回はS幅のニットだったので無駄は少なかったけど、
これはどちらもW幅のニットなので無駄が多い・・・
半端に残った生地で何を作ろうか、それが問題だー。

<布>
 Fabric Sachet(接結ニット・ブランシェス)約1.0m
 Swany実店舗(接結ニットブルー)約1.0m
 (↑生地幅換算、本来の用尺はもっと多いので注意)
 キバジの倉庫(スパンフライス・オフホワイト)0.5m
 ユザワヤ(ポンチニット・ブルー)0.3m
<パターン>
 rakupata(ドルマンスリーブTシャツ・Lサイズ)

 8月度消費量  : 9.4m
 2009年消費量 : 64.2m
 (参考 : 2009年購入量 99.6m)

FC2 Blog Ranking

目標の10m/月まであと一息!
ポチっと応援よろしくお願いします^^
  

よかったらポチっとお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック