ちょこちょこと気になった本をチェックしていたら、
なんだか山盛りになってしまった書籍レビュー。
恐ろしく長文の記事になってしまうけど、まとめて行ってみよー。

今回はこの6冊(!)。
一部ソーイング本でないものも入ってますが・・・
まずはおなじみ「コットンフレンド」12月号から。


Cotton friend (コットンフレンド) 2008年 12月号 [雑誌]

「手作り服でお洒落宣言。小粋でお洒落なソーイング大充実。
 リメイククチュールコレクション。クリスマスの準備。
 入園・入学マスターBook。実物大型紙付き。」(ブティック社HPより)

昨日Swanyの店頭にあったので、フライングでチラ見。
バテンレースのチュニックは妙に襟が詰まっててイマイチな気が・・・
でも子供用の丸襟コートは断然かわいかった。
90~110サイズのお子さんをお持ちの方で、
布帛のかわいいコートを作りたいと思っている方、
ぜひチェックしてみてください。

<11/7 追記>
 今日は書店に並んでいたので、早速チェック(笑)
 うーん、やっぱ微妙かも。
 アイテムによってサイズ展開もバラバラだし(子供服)、
 基本的には今期出た他の本で間に合いそうな内容^^;
 かわいいと思えるのはやっぱ子供用のコートかな。
 丸襟とフード付きが作れるし。
 子供らしい子供服が必要ない我が家には不要かも。
 これを買うんだったら「ソーイングナチュリラ」買うわ(笑)


fogが作る雑誌 around LINEN

「リネン製品、インテリア雑貨を販売するfog linen workの
 オーナー、関根由美子さんが、 素敵なリネン使い、
 布使いをされている国内外のさまざまな方を訪問。
 みなさんそれぞれの個性が表れた素敵なリネン使い、
 暮らしぶりが多数紹介され、読み応えのある1冊。
 日々の心地よい暮らしのヒントにもなりそうな、
 ライフスタイル誌です。」(毎日コミュニケーションズHPより抜粋)

すっげー説明が長いので、抜粋としました。
出版社サイトに詳しく説明があるので、気になる方はこちらをチェック。

説明のとおり、布使いやインテリアの参考にしたくなるような
写真がたくさん載っていて、眺めて楽しめる本。
でも金欠の我が家ではこんなにふんだんにfogは使えないし(笑)、
それ以前に散らかった部屋をどうにかしないと無理っスorz


もっともっとドミノ編み

「『ヴィヴィアンの楽しいドミノ編み』第2弾。
 棒針編みでモチーフを編みつないでいくうちに、
 さまざまな形に広がっていくドミノ編みの、
 より進化したデザインを紹介します。
 L字形、とんがり形、矢羽根模様などモチーフの形も新鮮。」
 (文化出版局HPより)

この方の本はいつも独自路線を行っていてすごく面白い。
棒針も輪針もまっすぐ編むことしか知らない私にはどれも新鮮で、
試してみたくなるテクニックが満載。
でもどう使っていいのかわからないデザインが多いので(笑)、
結局眺めて「うわぁ~」って感嘆して終わってしまう自分orz


男のコートの本

「本格的なメンズコートの本。トレンチコート、ピーコート、
 ダッフルコート、 ステンカラーコートのベーシックなデザインを、
 布地違いを含めた13点で紹介。
 S、M、L、XLの実物大パターンつき。」(文化出版局HPより)

嶋隆一郎さんの「男~」シリーズ!
メンズのコートかぁ、仕立てたら格好いいだろうなぁ・・・
とは思うものの、腕の立たない私には鑑賞用になりそうな予感。
17日発売とのことなので、発売日に書店で眺めてこようっと。


シンプルスキンケア

「たっぷりの「水」、上質な「オイル」、天然の「花」。
3つのパワーをうまく使うことができれば、つるつるすべすべの
美しい肌は必ず作れます!健康な肌に必要な成分を含む
「16のオイル」と、心に働きかける「4つの花」……。
これらの素材を、おいしく、気持ちよく取り入れた、
安心でナチュラルな方法をご紹介します。
★超簡単!31のレシピ付き」(飛鳥新社HPより)

一昨日我が家にDMが届き(その昔愛読者カードを出したので)、
そこで初めて知ったこの新刊。
どうせなら石鹸本と同時期に欲しかったなーなんて思いつつも、
出版後も試行錯誤?を続けられたということなのかなとも思ったり。
かつての手作りコスメ熱はすっかり冷めきってしまったけれど、
書店で見つけてよさそうだったら買ってみようかな。

<11/7追記>
 昨日書店で見つけたので、ちょっとパラ見。
 基本的には「お風呂の愉しみ」同様、
 スキンケアに関する話題+巻末にレシピつきという感じ。
 あくまでも読み物メインで、レシピはおまけと考えたほうがいいかな。
 油脂の話もスキンケア用となると石鹸本とは少し切り口が違うので、
 石鹸本での記述と比較してみるのもおもしろいかも。

ここまでは、ちょっと期待してる本なんだけど・・・


こども服ビギナーズL

「型紙を使わず、ほとんどが直線裁ちで、
 洋裁経験のない人や苦手な人でも作れる子供服の本。
 作り方は全てイラストで掲載。」(ブティック社HPより)

・・・これってこどもブティックの「かんたんソーイング」的コーナーを
まとめたムック本だと思えばいいのかな?
確かに型紙なしで作れるって書かれたら簡単そうに見えるけど、
実物大型紙があるほうが実は楽な気がするのは私だけ?
それに、いくら子供の体型に凹凸が少ないといっても、
直裁ち直線縫いオンリーで作れる服って、
やっぱり仕上がりもそれなりのことが多いし・・・

初心者を囲い込みたい気持ちはわかるけど、
なんかその辺の考え方が出版社と読者とで
少々ずれている気がしてしまうのは私だけ?
本当に洋裁人口を増やしたいんだったら、
もっと作りたくなるようなデザインで作って欲しいなぁ。

<11/7 追記>
 こちらも書店に並んでいたのでパラ見。
 型紙不要とはいうものの、結局は作図が必要で、
 パンツや襟ぐりのカーブの製図はどうするんだろうと見ていたら、
 巻末に実物大の作図が載ってた(笑)
 これなら普通に実物大型紙つけたほうが楽だって、絶対。
 この本売れるのかなぁ・・・ちょっと心配になってきた^^;

・・・と相変わらず言いたい放題のレビュー、
どなたかのお役に立てれば幸いです。

そんな中、最初のほうに書いたけど、昨日Swanyへ行ったので
また地味に在庫を増やしてしまった。
こんなことばっかりしてないで縫わなきゃねぇ^^;
次は縫い物の記事を書くぞ!

FC2 Blog Ranking

そして移動図書でも洋裁本を借りてきた私。
本ばっかり読んでないで縫えクリック、ポチっとお願いします。
  

よかったらポチっとお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
テーマ:手芸と生活
ジャンル:趣味・実用
コメント
毎回参考にさせていただいてます。^^*
助かるなぁ~

この中で猛烈に気になるのは、
「もっともっとドミノ編み」と「男のコートの本」!
先月すっかりはまった編み物!まさに林ことみさんの本から。苦笑
買っちゃうかもなぁ~^^; 
>でもどう使っていいのかわからないデザインが多いので(笑)
激しく同感。爆

コートの本。
旦那がコチラに住んでいたときには、
仕事はほぼ、自動車移動でドアtoドア。笑
スーツを着ているとはいえ、コートや防寒アイテムは不要でした。
でも、流石に関東圏ともなると…そうは行かないわけで。苦笑
作らないまでも、やっぱり気になるアイテムだったりします。^^*

早く10日と17日にならないかなぁ~。
コトフレは、今回内容を吟味して買うことにいたします。^^;
2008/11/06(Thu) 11:31 | URL | つぼばぁ | 【編集
>つぼばぁさん

お役に立てているなら嬉しいです^^
私自身の覚書を兼ねているようなところがあり、
自己満足かなぁと思いながら書いているもので^^;

コートの本は私も猛烈に気になってます。
早く読みたーい。
エプロンの本もかっこよかったので期待してます。
ただ、シャツの本からも一枚も縫えてない現状から、
買っても鑑賞用なのは必至ですが・・・^^;

コトフレ、コートは本当にかわいかったです。
あと書き忘れたけどムキロックのタイアップ?記事で
ラグランパーカ(だったと思う)が載ってました。
パターンは全体に悪くなさそうなのですが、
うちの子供達には完全にアウトなのでスルー決定、と。
つぼばぁさんもぜひ明日書店で見てみてください~。
2008/11/06(Thu) 12:29 | URL | とがっち | 【編集
前京さんの本は「チェックしなきゃ!」とは思ってたんですが、果たして今までの本との違いはあるのかな・・といまいち熱が上がらない感じではありますね。

個人的にはドミノ編みってのが気になります。
どうやって編むのかが知りたくて買ってしまいそうな勢いです。

男のコートの本も気になるけど、スーツも着ないうちの旦那に果たして必要なのだろうか・・・・(笑)。
Gジャンとか載ってたら欲しいですけど。

そうそう、私も直断ちはパターンありのより面倒臭くて嫌いです。なんだろう、あのパターン無しだから楽チンみたいな書き方は。パターンがあるから書かなくて良いのだし計らなくて良いのに・・・・。
計らないで目測で良いっていうレシピだったらそりゃ楽でしょうけどね(笑)。

そうか、初心者へのアピールなのですね。
でも私、洋裁初心者の時も「自分で計るの面倒~」とか思ってたので、引っかかる人あんまりいないのでは・・?とか感じますが、どうなんでしょうねぇ~


2008/11/06(Thu) 15:39 | URL | Ayako | 【編集
我が家には定期購読で届きましたよぉ。。コトフレ♪
って、ちらみはしてたけど…(笑)

そうそう、コート可愛いのっ!でも110だと、うちの次男でも厳しそうだぁ。。
ちなみに、ムキさんコーナーのラグランは100~130、
微妙??なバテンレースのチュニックは100、120,140のラインナップでしたわよ。。

私的にはヨーク切り替えのギャザーキュロットは作りたいかな♪

「男の~」シリーズは惹かれるけど、ほんと鑑賞用になりそうですよねぇ。。コートまで作れたら、仕立て屋になれるよね(笑)
あ、パターンが引けないとダメなのか…爆)

いつもながらのレポ楽しく拝読いたしました(´艸`)
2008/11/06(Thu) 17:10 | URL | dunjum | 【編集
上に同じく定期購読で届きましたよ、コットンフレンド。
今回は、イマイチ。
う~ん。前回のリメイク特集の時も
あまり・・・・だったんですよね、私。
今回は定期購読をやめちゃおうかと思ったくらいでした(笑)


2008/11/06(Thu) 19:33 | URL | しぇる | 【編集
(o`・∀・)ノバンワ-♪
コットンフレンド、今回のは表紙を見て良さそう?って思っていたんですが、
中身チェックしたほうがいいようですね・・・
本屋行かなきゃ。
それと、
男の~が気になりました!
実はシャツのは持っているんですが、
結構ためになる?小話もあったりで・・・(ダメージ加工とか)
ちょっと気になります!
まぁ、コートは作りませんけどね(=m=* )クス…
しばらく本屋も覗いてないので、色々誘惑がありそうだわ~~~。
2008/11/06(Thu) 22:34 | URL | コタコ | 【編集
>Ayakoさん

見てきましたよー、前京本!
基本的には「お風呂の愉しみ」と似た感じの構成で、
レシピメインではなく、スキンケアの話がメイン。
肌の話、油や精油の話などを一通り語って、
最後にレシピ集が付いてる感じでした。
私はレシピ集だけあればいいわーな感じなので、
この本は買わないかもしれません。

ドミノ編みの本もコートの本も、
ハンクラー魂を揺さぶられる?本ではあるのですが、
多分私の場合は鑑賞用で終ると思います。
だからやっぱりこれも買わないかもしれません。

直裁ちパターンの狙いは、
「型紙を用意しなくていい、布に直線を引けばOK」
ってとこがウリなんじゃないかと思うのですよ。
私にはそのほうが数倍面倒ですがね。
直線ばかりでも、うっかり計算間違ったらアウトだし^^;

>dunjumさん

コトフレレポありがとうございます~^^
サイズ展開がアイテムによって違うのが、
いいのか悪いのかよくわかんないトコですね。<コトフレ
やっぱり私は今号はスルーだわ。

>しぇるさん

定期購読の落とし穴はそこですよねー。
特にこういうジャンルだと、当たり外れも激しいし^^;
ポシェもコトフレも、私には定期購読は無理っぽいです・・・

>コタコさん

コトフレは表紙の見出しに騙されましたね、いやマジで。
活用できそう?って思ったら微妙な感じ。
好みもあるので、私の感想が全てではありませんけどね。

男シリーズ、いいですよね~。
作らなくても眺めてるだけで眼福って感じなので、
出たら結局買っちゃいそうな自分がここにいます(笑)
2008/11/06(Thu) 23:39 | URL | とがっち | 【編集
買いました!
コットンフレンド。
通園用 コート作らなくちゃ・・・それもシンプルな形希望だったので迷いなく。手持ちの本で作ろうか、パタレのプレタコートいこうか迷っていたのですが、とりあえず、裏無しでいいんだけどなぁ~なんて思っていたので。
100でいってみる予定で~す♪
衿のつまったトーションレースのワンピはいかがなものかと思ったし、ムキさんのニットもそろそろそのシンプルすぎる路線から一歩進んで欲しいと思いました。

たぶんコートだけかなと思います。作るのは(笑)


2008/11/07(Fri) 20:51 | URL | Mina | 【編集
>Minaさん

おぉ、まさにコートをお探しでしたか。
あのコートを濃紺とかでシックな感じに作ったら、
きっとYukiくんによく似合うだろうなーと勝手に妄想しております(笑)

あれ?
パーカ&コートのトレンチは?(笑)

トーションレースのワンピ、あれはなしですよねぇ^^;
私もあれは着心地悪そうだと思いました。
ムキさんのタイアップ記事?も、
なんかもうひとひねり欲しいと思いました。
感想があまりに同じでちょっとうれしいです(笑)
2008/11/07(Fri) 23:32 | URL | とがっち | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック