これ、いつ裁断したんだか覚えてないんですが、
多分一昨年の冬くらい・・・
裁断したまま放置されていたのを発掘したので、
忘れないうちに縫っておくことにしました。

150201_01.jpg

縫ったのはたしか年末年始。
写真を撮らないまま何回か着てしまい、
アップしそびれておりました。

放置した期間が長すぎて、
どこの何ていう生地だったのかも思い出せず。
ウール混のベア天であることは確か。
どうやら時期的に今回のカットソーを作るべく、
この時に買った生地だったようです。
書いとくもんだなぁ、布買いネタw

特に難しい箇所もなく、
ごくごくシンプルで縫いやすいカットソー。
縫い始めたらあっという間に仕上がりました。
どうしてこんなに放置したのかと思うくらいにw

首周りはぴたっとフィット、
ドロップショルダーで身頃はゆったり、
すっきりして着やすい形です。

けど。

一枚で着るには心許ないんだけど、
上から何か羽織るとちょっと身頃がもたつく感じ。
以前は生地がしっかりしすぎて微妙だったけど、
今回は今回で薄すぎて微妙w
もう少しふわっと厚みのある生地で縫った方がよさそうです。
生地選びって大事ね。

せっかく数年がかりで仕上げたことだし、←自業自得
ゆったりめのカーディガンのインにでも着ようと思います。
先月、義父(夫の父)が亡くなりました。

数年前に肝臓を悪くしてから、
ずっと自宅で義父の介護をしていた義母。
遠いので手伝いに行くこともできず、
たまに電話で愚痴を聞くくらいしかできずにいました。

その日、仕事が終わって控室でLINEをチェックしたら、
義父が亡くなったと夫からメッセージ。

本来なら嫁の私も葬儀や手伝いに行くべきなのでしょうが、
折悪しく、直後に長女の受験があり、
葬儀に参列すると受験日までに戻ってこられません。
かといって長女だけ置いていくわけにもいかず・・・

夫も義母も快く長女の受験を優先してくれたので、
夫だけ帰省して参列してもらい、長女は受験に臨みました。
義兄と夫だけで女手がないのは不便だろうと、
私の代わりに両親が行って手伝いをしてくれました。
義兄嫁は葬儀には来たけど、手伝うどころか参列だけして帰ったそうですわ・・・


後から話を聞くとどうもいろいろあったようでしたが、
無事に義父を見送ることはできたようです。
春休みにはお線香くらい上げに行けるかと思ったけど、
バタバタしてそれどころではありませんでした。

無事に進路が決まっただけいいか。

義母も二年後には傘寿。
いつまでも一人暮らしをさせておけるわけでもないので、
今後のことをいろいろと考えなくてはいけないようです。
そんな年になったんだなぁ・・・しみじみ。

  

よかったらポチっとお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック