いろいろなブログで見かけて気になっていた、
puririの30/2度詰天竺モンスター。
前回の新着では悩んでいるうちにパープルがSOLDし、
諦めたつもりでいたら今回カート戻しに遭遇w

隣で見ていた長女の
「あ、それかわいいー!」
の声に背中を押されてポチっといっちゃいましたw

140509_03.jpg

え?モンスターだけじゃないだろう?
そうです、☆柄の16/2天竺太ボーダーも買いました。
ついで買いってヤツです。

甥っ子と委託用に何か作ろうと思っていたので、
たまにはいかにも男児!っていうのもいいかなと。
女児用の在庫は豊富すぎるほどあるのに、
男児用の在庫はほぼ無地かボーダーしかないのでw


予約と違って届くのも早かったので、
モチが途切れる前に縫えたらと思うのですが・・・
このところ無地orボーダーとかの先染やら、
SBの抜染プリントなんかにすっかり慣れていたので、
久々のラッカープリントの生地がえっらい硬い気がして・・・

もともと度詰天竺自体が硬めってのもあるんだろうけど、
ラッカープリントってこんなに硬いんだっけ。
プリントの面積が大きいから余計かな。

ニットとはいえ伸縮はほとんどないも同然なので、
着脱に支障が出ないように気を付けながら縫おうと思いますです。

んで、もう一つ気づいたこと。

140509_04.jpg

プリント有効面積、狭くね?!

どちらも反対側は耳近くまでプリントがあったけど、
モンスターなんて端から10cmくらいは無地だよ・・・

生地屋さんによっては「生地幅」と書かれていても
「プリント有効幅」だったりすることもあるので、
一応ざっくり確認してみましたが、
モンスターは生地幅160cmに対して有効幅は150cm足らず。
ボーダーも生地幅150cmに対して有効幅は140cmほど。
10cm以上も違ったら、必要用尺変わるでしょうに・・・
ちゃんと「有効幅」記載してくれよと切に思いました。
しかもm単価が2000円(税込)超というお高い生地なんだから。

と、なんかいろいろモニョるショップですが、
まぁ生地はかわいかったのでよしとしましょうか。
さぁ、頑張って縫わねば!

<5/11 追記>

 ショップに↑の件を問い合わせてみました。
 「生地幅」ではなく「プリント有効幅」を記載してほしい、と。
 そうでないと、実際に作ろうと思ったものに用尺が足りなくて
 困るようなケースも出ると思いますよ、という旨のもの。

 先方からはその日のうちに返信があり、
 在庫分は「有効幅」分のプリントがあるそうで、
 こちらの生地を検証のために送り返してほしいとのこと。
 でも残念ながら既に水通し済み。
 返品か交換か、はたまた不足分を送りましょうかと言われたけど、
 私は別に自分が足りなくて困るって言ってるんじゃないんです。
 以前スムースにプリントして販売してた時は同色無地も扱っていて、
 無地もプリントも同じ生地幅が記載されていたりとか(今も掲載アリ)
 そういうことも含めて、表記を改めて欲しいと言ったまで。

 数回のメールのやり取りを通じて、こちらの意図は全くと言っていいほど
 伝わっていないだろうなと思われる返信。
 絶対クレーマーだと思われてるハズw
 今後関わらないことにしてこの件は終了しようと思います。 

 関わらないついでにちょっと毒を吐くと・・・
 ブログとかショップの文面、微妙なんです。
 「お送りさせていただく」とか「ご希望されておられた」とか
 日本語おかしくね?って思いました。
 姑みたいでスンマセン。

  
  

よかったらポチっとお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック