ランチ用トートを作ろうと、
まずはサイズ確認のための試作品をひとつ。

140323_01.jpg

これまた在庫(罪庫)から、
次女のエプロンセットを作った残りの綿麻キャンバスを使用。
しかし、いくらしっかりめの生地でも、
やっぱりトートにするにはちと薄かったようで、
中身がないとヘナヘナして自立どころじゃない。
まぁあくまでも試作だからいいんだけど。

で、肝心のサイズ感としてはこんな感じ。

140323_02.jpg

長女がいつも持参している250mlのステンレスボトルと、
ランチジャーセットがジャストサイズ。
うんうん、いい感じ。 ←自画自賛

開閉はファスナーの要望が多かったので、
(身内その他の何人かに訊いてみた)
端から端まできっちり閉められるように。

内側は↑ではギンガムチェックの布帛だけど、
本番は多少の保温がきくようにアルミシートを使う予定。

で、吊るしておいた試作品を見た夫が一言。

「俺にもよろしく」

・・・んぁ?なんか言ったか? ←扶養されてる人のセリフか?w

こないだビニコトートの持ち手を
二つ分修繕させられたばかりなので、
夫はもう少し待たせておこうと思います。

実際に作ってみて課題がいくつか出てきたので、
本番ではそれをクリアできるように考え中。
んで、現実逃避した結果が↓のスタイ量産でしたw
さぁ、今度こそ現実と向き合わないと!

  
  

よかったらポチっとお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック