秋はやっぱりりんごの季節。
どうせ自分しか食べないのだけれど、
でもやっぱり食べたくて作りました。

101116_01.jpg

紅玉と紅茶のコンフィチュール。
ウチの家族、私以外は加熱したリンゴ食べないもので・・・
最初に食べたのは、数年前に「Romi-Unie Confiture」で買った、
Gilberte(りんごと紅茶)というコンフィチュール。
紅茶スキー&アップルパイスキーの私にはどストライクで、
行くとその都度買っていたのですが・・・

昨年、図書館で、
お菓子のようなジャムコンフィチュールをつくろう!
という本を見つけました。
Romi-Unieのいがらしろみさんの本。(どうやら絶版らしい)
これに、まさにそのGilberteと思しきレシピが!
(多分この本↓あたりに載っていると思われます)


早速作ってみてすっかりハマってしまい、
毎年この時期になると紅玉を買って作ります。
今年はこれで二回目。

一度目はりんごの半分をざく切りにし、
残りの半分は細かく刻んで作ってみたら、
思いのほか煮崩れず、水分の足りない固いジャムに・・・
(ジャムというよりリンゴの角煮かも・笑)
しかもバタバタしていたので画像もナシ。

二度目は一度目の反省をもとに、
半分はざく切り、残りはレシピどおりにすりおろして。
やっぱレシピどおりって大事ね(笑)
勝手にアレンジするもんじゃないなと実感。

出来上がったコンフィチュール、
一度目のものは自家用とLALALAスタッフの一部に配って消費。
(出来の悪いのプレゼントしてごめんよ、Nちゃん&Hちゃん!)

二度目の分は多分今期最後になるので、
これから地味に一人で消費予定。
体重計が怖い。

FC2 Blog Ranking
ポチっと応援、お願いします。
  

よかったらポチっとお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
テーマ:日々のこと
ジャンル:結婚・家庭生活
コメント
お、おいしそーーー!
リンゴと紅茶なんて最強タッグですね。

ウチも毎年青森からリンゴが一箱送られてくるんですが
肝心の銘柄?がわからないんですよ;
紅玉だったら嬉しいんだけど、たぶん違うような・・・
でも毎年、角切りリンゴジャム作ってマス。
ちょうど昨日も第3回目を作ったところ。

でも長女は生のリンゴしか食べないし、
オットと次女は喉がかゆくなるので生は食べないし、
一箱あってもなかなか消費しきれなくて困っとります;

で、ジャムとコンフィチュールってどう違うの?(笑)
2010/11/16(Tue) 17:19 | URL | ぴん | 【編集
>ぴんさんへ

そーなんすよ。
りんごと紅茶、激ウマです。

青森から来るなら「ふじ」とかかしら。
ウチももう少しすると秋田から届くので、
また何か活用方法を考えようと思っていますが・・・

果物のアレルギー、結構あるみたいですね。
近所の子はキウイアレルギーだと言ってました。←かゆくなる
パイナップルとかキウイとか食べるとイガイガするのは
そういうことなのか・・・と妙に納得しましたが。

ジャムとコンフィチュールの違いは・・・
言語らしいですw<英語と仏語

個人的には、ジャム=固め、コンフィチュール=ゆるめ、
というイメージがありますが・・・
実際どうなんだろ。私も謎です。
ただコンフィチュールの本に載っていたので、
そのままの記載デスw
2010/11/17(Wed) 12:27 | URL | toga | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック